共有するファイルを第三者から守るためには

特定の一人だけとファイルを共有する手段はたくさんあります。
しかし、特定のグループと共有するという手段は限られてきます。
グループとファイルを共有する場合、一番簡単な方法はオンラインストレージサービスにファイルをアップロードして、そのアドレスを共有したい人にメールで通知することです。

ただ、この方法だと第三者にダウンロードされてしまう可能性が出てきます。
というのは、ファイルを公開した時点で、誰でもダウンロード出来るようになっているからです。

では、第三者にダウンロードされない、あるいはもしされたとしても問題が起きないためにはどうしたらいいのかというと、パスワードを利用するのがいいでしょう。
たとえば、オンラインストレージサービスによっては、特定のアドレスにパスワードを設定することが出来るので、そのアドレスにアクセスするためにはパスワードを知らないと無理になります。

なので、パスワードを知らない人にはダウンロード出来ないようになるのです。



また、ファイルそのものにパスワードをかけるという方法もあります。
この方法を利用するためにはアーカイバーと呼ばれるソフトが必要です。
アーカイバーでプログラムを圧縮する際にパスワードをかけます。

日本経済新聞に関する情報収集をサポートします。

そうすると、プログラムを解凍する時にパスワードを求められるようになります。

幅広い分野のファイルの共有関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

パスワードを知っている人であれば、正しいものを入力して解凍し、元の状態に戻すことが出来ますが、パスワードがわからないと解凍出来ないので中身を見ることは不可能になるのです。